木の家づくり(木造住宅、無垢材・国産材の家)|東京の浜中材木店

浜中材木店の家づくり

木の家紹介

木の家紹介

無垢の木材を沢山使った家は、柱一本一本が、床が、天井が、梁が・・・自分で呼吸をします。雨が降ってじめじめすれば湿気を吸収してくれ、逆に空気が乾燥しているときには加湿してくれます。木の家が通年過ごし易く心地の良いとされるのは、木を組み、梁を通し、在来工法を利用して建てられた木造住宅が日本風土を考えた住まいだからだといえます。浜中材木店では、木独特の味わいやぬくもりを感じていただける、人と自然が調和する木の家づくりをしています。



木材へのこだわり

木材へのこだわり

木はいきものです。昔から家は地元の木で造るのが良いといわれてきました。その土地の気候・風土によって育った木は、同じ環境で使用するのが一番なじむからなのです。無垢の木は、よく割れや狂いが問題だと言われます。人に十人十色あるように、木だって生きているのだから、その特徴は一本ずつ全て違います。
だから、私たちは一本、一本職人の手により、木の育った環境や、伐採後の状況を考えながら木取りをし、製材をしていきます。そうして製材された木で建てた家は、私たちの思いにちゃんと応えてくれます。夜中にピシッっとなる 梁の音は、木がその家にしっかりと根付こうとする音なのです。



国産材

杉(スギ)・檜(ヒノキ)・椹(サワラ)・松・樅(モミ)などの針葉樹 欅(ケヤキ)・桐(キリ)・桜(サクラ)・銀杏(イチョウ)などの広葉樹

輸入材

米松・ピーラー・スプルス・ヒバ・栂(ツガ)など



環境にもやさしい家づくり

環境にもやさしい家づくり

環境にもやさしいものづくりを心がけて、再生可能な資源である木材の有効活用に取り組んでいます。
浜中材木店では、森林資源を使用する立場として山の手入れも行います。

■取り組み
木材の端材やバーグを有効活用し固形燃料としてのペレット造りなどおこなっております。
※建築廃材等木以外の物質が含まれている可能性のある木材は、原料に使用しておりません。100%純朴な木材を原料としております。

有限会社 東京木質資源活用センター